デリケートゾーン 脱毛

デリケートゾーンの脱毛でにおい対策しよう

デリケートゾーンにおいは、汗やオリモノ、生理の血などが下着に付着することが原因。
それらが下着内で、蒸れて雑菌が繁殖して強いニオイを発します。

 

デリケートゾーンには、主にVラインやIラインと呼ばれるムダ毛があります。
そのムダ毛があることによって、汗が毛に付着し蒸れやすくなります。
つまりムダ毛を脱毛することによって、デリケートゾーンのにおいを抑える効果があるというわけです。

 

デリケートゾーンは、生理の血やオリモノの影響もあるので、一概に脱毛したからといってにおいが完全になくなるわけではありませんが、汗の蒸れからくる悪臭から解消できます。

 

デリケートゾーン周辺の脱毛は、一般的にVIO脱毛やハイジーナ脱毛と呼ばれます。
Vは、デリケートゾーンのVラインを指し、デリケートゾーンの縦のラインをIラインと呼びます。
Oラインはお尻周りのムダ毛のことを表し、まとめてVIOラインと呼びます。
脱毛サロンや医療クリニックなどでは、VIO脱毛の他にハイジーナ脱毛と呼ばれることもあります。

 

デリケートゾーン周辺の脱毛方法

 

デリケートゾーン周辺の脱毛は、脱毛サロンや医療クリニックで施術を行うか、自分自身で処理する2種類の方法があります。

 

脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛

脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛するなら、すべてキレイにするならば数万円と料金がかかりますが、自己処理で行うよりもキレイに脱毛することができます。
今では脱毛サロンなどは安いキャンペーンやお試し脱毛などがありますので、昔と比較すると格段に安く処理することが可能になりす。

 

自己処理での脱毛

デリケートゾーンの自己処理は、脱毛器や脱毛クリームなどを使用することが一般的になります。
ネットでも高品質な脱毛器が販売されていたり、ブラジリアンワックスなど多くの脱毛剤が販売されているので、それらを使って脱毛します。

 

デリケートゾーンの自己処理で注意するべき点は、カミソリなど肌を刺激するものは使用しないことです。
カミソリや毛抜きを使用すると肌を痛めるどころか黒ずみの原因にもなりますので注意しましょう。

 

デリケートゾーン周辺のムダ毛を脱毛すると、汗で蒸れることがなくなり雑菌の繁殖も抑えることができますので、気になる方はトライしてみてはいかがでしょうか。